2010年06月03日

「川南町長しつこくゴネる」農水省職員が日報に(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、政府現地対策本部の農林水産省職員が関係省庁に送る日報に、川南町の内野宮正英(まさよし)町長について「しつこくゴネる」と書いていたことがわかった。

 農水省は「書いた職員に悪意はなかったが、今後は気をつけたい」と陳謝している。

 日報は、内野宮町長と対策本部長の山田正彦・農林水産副大臣が5月18日に会談した際、埋却地確保への補償を求める町長について「補償を検討する、では現場は動けない。決断して欲しい。(…としつこくゴネる。)」と記していた。

 高市早苗衆院議員(自民)が「悪意に満ちた表現ぶり」などとして、5月21日の衆院経済産業委員会で追及し、記録者の特定や責任者の処分を求めた。農水省は、日報は内部的なメモであり、関係者が読めば破棄するものなので処分や修正は行わないと回答している。

 内野宮町長は「農水省は被害を深刻に受け止めていないのではないか」と憤っている。

鳩山首相、福島氏を罷免(時事通信)
減速足りず波受け傾く=11人死亡の長崎平戸沖沈没―運輸安全委(時事通信)
読広コムズ元社員、5500万円詐取容疑で逮捕(産経新聞)
好況時の財政再建が重要=ギリシャ危機に焦点―内閣府報告(時事通信)
ブラッドサースティー・ブッチャーズ、23年目の最高傑作『NO ALBUM 無題』、その裏側の葛藤とは?
posted by ウジイエ カズミ at 17:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

<娘3人死亡>点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定(毎日新聞)

 入院していた幼い娘3人の点滴に水を混入し死傷させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた岐阜県関市の主婦、高木香織被告(37)に対する裁判員裁判で、京都地裁は20日、懲役10年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。増田耕児裁判長は「子供の痛みや苦しみを全く理解していない身勝手かつ自己中心的な犯行で、傷害致死や傷害の中でも悪質。反省も十分でない」と指摘した。

 判決によると、高木被告は06年3〜5月、入院中の四女(死亡時8カ月)の点滴に何度も水道水を混入して呼吸・循環障害で死亡させ、同様の方法で三女と五女を重篤な状態に陥らせた。

 起訴前の精神鑑定は、高木被告を周囲の気を引くため子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群と診断。被告が初公判で起訴内容をほぼ認めたため、量刑を判断する上で、同症候群をどう評価するかが争点となった。

 「児童虐待とは異なる」と寛大な刑を望んだ弁護側に対し、検察側は「同じような動機で病人を仕立てる人をそう呼ぶだけ。刑を軽くする理由にならない」と主張した。判決は「代理ミュンヒハウゼン症候群の影響で善悪の判断が低下していた」と認めた。

 一方で判決は、四女の点滴への混入時期については死亡直前までとする検察の主張を採用、「重篤になってからも入れ続けるなど危険な行為で常軌を逸している」と非難した。

 高木被告は終始無表情で判決を聞き、最後に増田裁判長から「子供の供養に努め、家族のもとへ戻って」と説諭されても表情は変わらなかった。堀和幸・主任弁護人によると、「家族と相談して控訴するか決める」と話しているという。【古屋敷尚子、熊谷豪】

 ◇医学争点に裁判員「評議重ねて理解」

 9日間という過去最長級の裁判員裁判を終え、裁判員2人と補充裁判員2人が記者会見した。このうち勤めのある3人は「上司の理解があり、大きな支障はなかった」と語った。医学関連の難解な主張が目立ったが、補充裁判員の男性が「評議をするうち理解できるようになった」と話すなど、検察官の立証や評議の際の裁判官の説明の分かりやすさを評価する声も多かった。

 京都地検の長谷透公判部長は「専門用語の説明を繰り返すなど工夫し、理解してもらえたと思う。量刑もおおむね妥当だ」と話し、控訴しない方針。

 一方、池田良太弁護人は「起訴前に検察側がする一方的な鑑定でなく(弁護側の意見も反映される)ニュートラルな鑑定が必要では」と問題提起した。

【関連ニュース】
裁判員裁判:点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決
裁判:娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁
点滴事件:母親「特別視が心地よかった」 被告人質問
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?

「子供じゃないから分かるだろ」女性乱暴の組長逮捕(産経新聞)
<韓国哨戒艦沈没>官房長官「極めて遺憾」 北朝鮮関与で(毎日新聞)
<日弁連>生活保護の支給基準緩和提言 受給者に自家用車も(毎日新聞)
【社説検証】普天間移設 首相退陣を求める産経 朝日は仕切り直し要求(産経新聞)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
posted by ウジイエ カズミ at 21:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

北日本は不順続き、冷夏も=農作物に注意−気象庁3カ月予報(時事通信)

 気象庁は22日、5〜7月の3カ月予報を発表した。今春は寒暖の差が大きく、今月も23日からほぼ全国的に気温が低くなる見通しだが、5月は北日本(北海道と東北)を除いてほぼ平年並みの天候に戻るという。
 一方、北日本は5月も寒気の影響を受けやすく、その後も冷夏の可能性がある。これは太平洋高気圧の北への張り出しが弱いと予想されるため。気象庁は農作物の管理に注意を呼び掛けた。
 沖縄・奄美地方は6月、東・西日本は7月を中心に梅雨らしい天気になる見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・九州地方の天気

「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
高速料金 首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」(毎日新聞)
首相「開かれた国に」…外国人比率全国一の町で(読売新聞)
遠藤周作 未発表小説発見 「サディズム」テーマに(毎日新聞)
辺野古現行案に戻る動きも=沖縄知事に拒否求める−社民・照屋氏(時事通信)
posted by ウジイエ カズミ at 09:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。