2010年02月05日

嵐の中で静かに瞑想 六本木の国立新美術館で「文化庁メディア芸術祭」(産経新聞)

 まるでSF映画から抜け出してきたようなアート作品が、3日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した「文化庁メディア芸術祭」の会場で公開された。

 名付けて“瞑想(めいそう)マシン”。中央にいすがあり、鑑賞者が座ってスイッチを押すと、シリンダー内に竜巻が発生。周囲は嵐だが、中央は無風で、舞い上がる微粒子が描く模様を体感しながら、瞑想にふけることができる。ノルウェー在住の芸術家が制作した。

 観覧無料、14日まで。

【施政方針演説】全文(4) 危機を好機に−フロンティアを切り拓く−「ピンチをチャンスに」(産経新聞)
規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す−民主(時事通信)
<普天間移設>検討委、3月末に候補地決定(毎日新聞)
民家に4人組強盗、430万奪う 千葉県富里市(産経新聞)
東海道新幹線 運転を再開…架線切れ一時ストップ(毎日新聞)
posted by ウジイエ カズミ at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。