2010年06月18日

菅政権で日米合意履行=沖縄の負担軽減も重要―岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は12日午後、京都市内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「沖縄にはあまりにも多くの基地があり負担を軽減しなければならない。だが、日米同盟が重要という考え方は菅直人首相に引き継がれている。変えてはいけないものと変えなきゃいけないものがある」と訴えた。菅政権として同県名護市辺野古への移設を明記した日米合意を履行しつつ、沖縄の基地負担軽減策を図る考えを示したものだ。
 外相は「いざという時、日本の力だけでは国民を守れないことがある。米国の力を貸してもらわなければならない。これは政権を担う与党の政治家としてはゆるがせにできない」と、在日米軍の抑止力の必要性を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相退陣までのてん末〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】菅直人内閣閣僚名簿

<人事>東日オフセット(毎日新聞)
Ai活用に関する検討会が初会合―厚労省(医療介護CBニュース)
【高速道路新料金】本当はどこまで無料化されるのか(レスポンス)
シャッター大手に課徴金計55億円=価格カルテル、排除命令も―公取委(時事通信)
殺人未遂 男に突然切られ店長重傷 東大阪の中古車販売店(毎日新聞)
posted by ウジイエ カズミ at 22:22| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。