2010年01月15日

電子書籍対応で出版界が新団体(時事通信)

 日本でも本格化が予想される電子書籍市場への対応に向け、講談社、小学館、角川書店、新潮社、文芸春秋など主要出版社21社が社団法人「日本電子書籍出版社協会」(仮称)を2月に発足させることが13日分かった。
 講談社広報室によると、同協会は2000年に主要出版社で設立した任意団体「電子文庫パブリ」を発展させ、法人格を持たせる形で継承。米国で話題の「キンドル」などの読書端末普及の動きに合わせ、電子出版の規格共通化や著作権団体との交渉、官公庁との意見交換などの窓口として活動していく。 

【関連ニュース】
小学「五年生」「六年生」休刊=春に漫画学習誌創刊
男性誌「sabra」休刊=小学館
漫画「あぶさん」主人公の景浦安武、引退セレモニー=ヤフードーム
「カムイ伝」9年ぶり新作
日本のポップカルチャー拠点がオープン=記念イベントに1000人集う

<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)
横浜・金沢区の化学工場で爆発、数人けが(読売新聞)
石川議員の地元事務所も捜索 北海道・帯広(産経新聞)
首相動静(1月12日)(時事通信)
<基幹的広域防災拠点>地震に弱い隣接地…東京湾岸の東扇島(毎日新聞)
posted by ウジイエ カズミ at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。